読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもアベレージ★は気ままに生きて行く

日々焦らず、そして計画的にレートを

サンムーンS2 全国ダブル メガカメックス軸トリル 最高レート1900

約二年ぶりの更新になります。アベレージです。今回はポケモンサンムーンのS2ダブルレートにおいてメガカメックスを軸としたPTで1900まで到達したのでそのときの構築を紹介していきます。トレーナーカードの作り方がよくわからなかったので画像なしの見にくい解説となります。ご了承ください。ここから話し方が変わっていることにあとから気づきました。すみません

PT製作の経緯

シーズン2はバンク解禁による過去ポケモンの登場により、シーズン1とは全く異なる環境(というより六世代に戻った)ので僕も過去ポケモンを使った純正トリルPTを組みたくなった。最初はトノブルンガルーラという構築で回していたのですが使いにくいと感じ、解散。ただ、水の一貫は取りやすいことがわかったため軸にカメックスを起用。周りできついやつらを崩すトリルにした。

PT紹介

そしてPT紹介。中身をコロコロ変えていたので最終的に使ったものを紹介していきます。

1 カメックス@カメックスナイト

技 潮吹き 悪の波動 冷凍ビーム 守る 

今回のPTの主軸。一致最大威力150の範囲技を覚えその他のウェポンも実質一致にできるという安定した火力の持ち主。確定2発は容易だが確定1発は難しいので采配との相性が良かった。毎度選出できるわけではなかったのだが天候相手にはほぼ投げていたと思う。晴れ相手には後述するバンギラスと組み合わせていた。

 

2 ヤレユータン@オボンの実

トリル イカサマ 采配 守る

雪崩、猫だましの対策をするための精神力。and確定数ずらしのオボン。調整はDL対策且つBをあげたかったのでおだやかHB252降り。基本は耐えてトリルを貼り、味方に采配連打。イカサマはトリル下でガルドをブレードにしてから打つことができるため採用。一度も読まれることがなかった。またイカサマはグロパンを積んだ無降りメガガルーラを二発で落とせるためヤレユータンへの不意打ちというリスキーな択を迫らせることができるのも強み。

 

3 ガラガラ(アローラ)@太い骨

シャドーボーン フレドラ 骨ブーメラン 守る

普通のガラガラ。草殺し且つ電気対策の枠。アローラダブルでは慎重がメジャーであるが火力が欲しかったことやH降りだけでもAぶっぱランドの地震を耐えれるかとからHA252降りとなった。晴れパーティやバレルがいると大体投げていたが、トリル下で叩き持ち納豆が入ってるPTはお手上げであった。火力、一貫性共に素晴らしく何故使われないのか疑問であった。

4 バンギラス@黒い鉄球

岩雪崩 投げつける 冷凍パンチ 雨乞い

リザードン、ゴーストタイプ対策として採用。どこかのブログを真似したやつであり、特徴的なのは雨乞いであるといえるだろう。この技は主にラス1リザードンy且つトリルターンが残り1のときに打つ技であり砂嵐にしないのは味方の耐性強化、カメックスの火力上げのためである。投げつけるを採用することによりH252盾ギルガルドを確定1発。岩雪崩は采配と合わせることで50%の怯みを二体に押し付けるところが強みである。冷凍パンチは晴れPTに入るランドへの打点。

5 シュバルゴ@命の珠

メガホーン アイアンヘッド ドリルライナー 守る

トリル下最強とも呼ばれているポケモン。このポケモンの強みはCHALK+レヒレといった構築の全てのポケモンに等倍以上の打点、且つバレルに妨害されない点である。珠と合わせることでH252レヒレをアイへで二発、Bに降らないクレセをメガホーンで一発等高耐久すら許さない火力は素晴らしいの一言に尽きる。

6 モロバレル@気合いの襷

怒りの粉 茸の胞子 エナジーボール クリアスモッグ

持ち物からネタっぽく見えるかもしれないがこれが一番合っていると個人的には思う。理由としては七世代ではZ技、サイコフィールド、リザードンの増加等モロバレルの耐久でもどうにもならない場面が増え、トリル枠の被弾回数が格段に上がったと言える。これに対する回答が確実に挑発や吠える、Z技のような技をヤレユータンから守れる気合いの襷である。今回はあえて耐久降りにし耐えれる場面は確実に耐えてもらってトリル下で胞子を打ったりしていたが、レヒレを二発で倒すためにHCぶっぱにするのも面白いかもしれない。特に対ガルーラスタンではバレルが一撃で死ぬことがないので上のほうでは使えるであろう。クリアスモッグイーブイやラッキー、カビゴンやガルーラ(ノーマルばっかり!)に対する回答として仕込んだ。

主な立ち回り

対ガルーラスタン

初手 ヤレユータン バレル 

後ろ シュバルゴ 何か

いかにバレルを早く処理するかが鍵であると言える。終盤に眼鏡レヒレが出てくるのでカメックスの選出が多かった。

対晴れ

初手 ヤレユータン ガラガラ 

後ろ バンギラス カメックス

初手リザバナの場合は1Tヤレユータン守る ガラガラ バナにフレドラからの2Tガラガラ守る ヤレユータンバンギラスで襷バナでも安心。トリルを安全に晴れる場面を作る。

対雨

初手ヤレユータン バレル

後ろガラガラ カメックス

叩き持ち納豆がいると降参。それ以外はガラガラとカメックスで荒らせば勝てる。

対砂

初手ヤレユータン バレル

後ろカメックス シュバルゴ

初手でバレルを退場させ、ギルガルドを倒せばほぼ勝ち。つまりカモ。

きついPT

上にも書いたが、納豆がいるとほぼ負けであると言えるだろう。あとはアローラダブルのPTにはほとんど勝てない。というかカビゴンベトベトンが無理。他のPTは感覚でどうにかなる。

余りわからない解説だったと思うので質問があれば@katsu0boy1bushi までお願いします。それではまた。
f:id:aberayji:20170409234038j:image